特約について見ていこう

自動車保険は、事故の相手と示談交渉をしてくれる。
これはもう常識になっていますが、実は示談交渉が出来ないケースもあります。
本来、弁護士だけに許されている示談交渉を保険会社が行えるのは、契約者にかわり相手に保険金を支払うからです。
損害賠償を保険金で支払うのだから、第三者ではなく当事者です。
当事者だから、弁護士でなくても示談交渉出来るとの理屈です。
しかし、停車中に後ろから追突された場合など、自分に過失の全くない事故では、保険会社は示談交渉出来ません。
こちらから保険金を払う事がないので当事者になれないからです。
弁護士費用特約は、そんな時に役に立つ特約です。
任意保険未加入の車に追突されて、車は廃車、自分も後遺障害が残るけがをした。
相手は損害額を認めない、それどころか非を認めない。そんな場合もあります。
精神的にも、金銭的にも、時間的にも厳しい中、相手と自分自身で交渉するのは、耐えきれないストレスです。
そんな時に、弁護士特約があれば、弁護士が代わって対応し、訴訟費用や手付金なども保険で賄えるので安心です。
また、上記のような被害事故だけでなく、裁判で賠償金額や過失割合を明確にしたい場合にも有効な特約です。
保険会社の提示する過失割合にどうしても納得が出来ない時、相手の主張する事故状況と自分の認識と逆で過失割合が決まらない場合などには、解決までに大幅に時間はかかるデメリットはありますが、この特約で弁護士を使って主張することも可能です。

コメント

コメントを受け付けておりません。