特約について見ていこう

任意のバイク保険に加入する時に、その保険料の高さに若い世代の人やその親にとっては、大きな負担になります。
しかし、もしバイクが125cc以下なら特約という手段があります。
ファミリーバイクの特約は、125cc以下のミニバイクか原付のみに有効になる特約です。
この特約に入れるのは、ライダー自身かその同居家族の誰かが任意の自動車保険に加入している必要があります。
つまり、若い世代の人がミニバイクか原付の特約に加入しようとする時に、その親が自動車保険に加入していればその特約として加入する事が出来るわけです。
若い世代で、バイクの任意保険に加入すればその保険料の高さは大きな重荷になります。
親の任意保険の特約という形で保険に加入すれば保険料金を安く抑える事が出来ます。
今の時代多くの人が車を運転しているので、たいていの場合家族で誰かが車の任意保険に加入しているはずです。
もし家族内に任意保険に加入している人がいなければ、特約は付ける事が出来ずバイクの任意保険に加入するしかありません。
気になる補償の中身ですが、バイクの任意保険と特約の補償を比較してもほとんど変わりません。
補償内容が変わらずに保険に加入する事が出来る特約は、若い世代に限らずミニバイクや原付に乗る人にとっては金銭的な面で大きなメリットがあります。

コメント

コメントを受け付けておりません。