特約について見ていこう

ビジネス、プライベートを問わず、私たちの生活に大きく関与し、今や私たちの生活にとって欠かせないものとなっている自動車。
安心・安全に乗るためには自賠責保険だけではなく、任意保険に加入することが必須と言えますし、実際に殆どの人が加入をしています。

任意保険を選ぶ際、多くの人が保険会社のおすすめプランをベースにプランを選んでいます。
基本的な補償と必要に応じて特約を加えます。
この特約というのが種類が多くあり、どのように加えたら良いのかわからない、という人も大勢いることでしょう。
そこで、特約についての特徴について解説をします。

まず、任意保険の基本的な補償内容について解説をしますと、基本部分というのは対人や対物と言った他の人・物に対するものとなっています。
会社や契約内容によって異なりますが、自損事故で自分や同乗者が怪我をしてしまった場合は対象外となるケースが多いようです。
また、物損事故を起こした時の相手に支払う保険金ですが、実際の修理費ではなく、時価を限度額として支払うことになります。
つまり、時価が50万円で修理費が70万円となった時は50万円までしか、保険では支払えないのです。

こういった自分に対する保険や、法の範疇を超えた内容を補うのが特約です。
もしもに備えて、よく考えて契約したいですね。

コメント

コメントを受け付けておりません。