特約について見ていこう

自動車を所有、運転していると、強制加入の自賠責保険と、任意加入の自動車保険があります。
自動車事故は、もしもの時には予想以上の結果を招くので、自動車保険もぜひ加入しておきたいところです。
保険料は、保険の内容や特約、運転者の条件や車種などの様々な条件で細かく変わります。

 車の補償は、車種により保険金額の上限設定がありますが、上限金額は車の販売価額ではなく、その時点の車の評価額なので、同じ車でも経年によって段々に低下していきます。
おかげで保険料も年々下がっていくのですが、万一事故で車が全損になってしまったら、保険金額で新しい車を買えるかどうかは大きな問題です。

修理の場合の上限額は保険の契約金額通りですが、全損で新車を購入する必要がある場合、新車の購入価額を補償する特約を車両新価特約といいます。
全損時に新しい車を購入するとき、購入から年数がたっている車では保険の上限金額が小さくて、新車を買うには到底足りず、追加の支出を強いられることがありますが、この特約を付けておけば安心です。
これと性格が似た特約に再取得時諸費用保険金という特約がありますが、車購入の諸費用は小さくないので、新価特約を付けたら、諸費用保険も検討してみましょう。

コメント

コメントを受け付けておりません。