特約について見ていこう

人身傷害補償特約とは、自動車保険加入者本人とその家族、同乗者の為の補償です。
補償の対象となる人が自動車に搭乗している時、事故で負傷した場合等に保険金が支払われる自動車保険で、事故の過失割合に関係なく、入院・通院等の治療費、休業補償、慰謝料等が契約した保険金額の範囲内で全額補償され、相手のいない単独事故、当て逃げによる損害も補償されるメリットがあります。
また、契約者本人とその家族であれば、契約車両以外に搭乗中、歩行中や自転車に乗っている時の自動車事故でも補償される特徴があります。
さらに、示談の成立前でも保険金を受け取る事が可能で、保険金の支払いを受けても等級に影響はなく、搭乗者傷害保険とは別に支払われます。
補償範囲が幅広くなっている特徴があり画期的な特約ですが、加入時に設定した保険金額までしか受け取れない、保険会社によって内容が異なり、損害の全額となっている場合でも、保険会社が算定した額までしか補償されない事等もある為、注意が必要です。
特約を付帯する事で保険料が高くなりますが、保険料を抑えたい場合は、補償の対象を絞り込んだ限定特約を付帯する方法もあります。
自動車保険契約の8割が加入しているといわれる特約で、万が一の事態に備えて加入したい特約ですが、契約時には補償内容をよく確認する事が大切です。

コメント

コメントを受け付けておりません。